UR賃貸のデメリットとはなにか

UR賃貸は国内どこにでも賃貸物件を所有しており、安価で住みやすい物件を提供していますが特に都市部に物件を多く持っています。

その為地方ではUR賃貸の物件数が少ない為に良い物件は特に数少ないです。

また物件数自体が少なく、団地の形態をとっているUR賃貸も多く、公団団地のイメージがまだ残っている物件が数多いです。

そういった物件は低所得層が集まりやすく、治安も悪くなりやすいと思われがちですが実際はそういったケースが少ないです。

一定以上の人口が確保されている為店舗も集まりやすく、近所にはスーパーなど生活に必要な店は揃っており、治安の面では問題がない場合が多いです。

ただ安価な物件が多く空き物件が多い団地などは住まいとしての条件が悪くなっている場合もありますので、予め見学はしておきましょう。

公団団地と呼ばれていた物件は評判が悪い時期もありましたが、実際は安価に提供されている古い物件である場合が大半です。

住まいのコストを下げるという意味では良い住宅ですので、コストに拘る場合は良いでしょう。

安価な住宅として選ばれやすいUR賃貸ですが、新しい住宅や魅力的な住宅も数多くあります。

ですがそういった物件は住みやすさとコストパフォーマンスの良さから空きが出る事が少ないです。

UR賃貸は良い物件が探しにくいというデメリットがありますが、UR賃貸に住みつつ空きが出るのを待つ、そういった対応をしている人もいます。

家賃が非常に安価な事から一般の賃貸住宅に住む事に対しもったいなさを感じてしまう事もデメリットかもしれません。