UR賃貸はこまめなチェクが必要

UR賃貸の受付は先着順となっていますが、まれに抽選の形態をとっている場合もあります。

過去のUR賃貸は人口が増加傾向にあり、住まいとしての需要が多かった為抽選の形を取っていましたが、現在では空き部屋もあり先着順に入居する事が出来るようになりました。

流れとしては空き部屋が発生し、応募をかけたタイミングで希望を早期に出した人で条件が合えば先着順に住む事が出来るようになっています。

必要な条件として家賃の三倍以上の収入があるか、家賃の100倍の貯金があるかどうか、ですが一般的な収入を得ている場合は住む事が出来ます。

家賃に対して一定以上に収入がない場合は無理をしても住む事を維持する事は出来ませんので、妥当な条件と言って良いでしょう。

新しい住宅である場合も安価に設定されていますが、そういった住宅は空きが出にくいですので、最終的には競争になります。

都市部にはタワーマンションや新しい住宅などUR賃貸のイメージとは違い良い条件の住宅も数多く揃っています。

一般の不動産屋で賃貸物件を探す方法の他にUR賃貸を提供している管理会社のHPのチェックや県内の担当部署に電話で問合せは行ってみましょう。

一般の賃貸物件と比較し非常に安価な物件が多いですので、費用を節約する事も出来ます。

敷金が二ヶ月分などデメリットもありますが、礼金や手数料なし、といった無料の条件も多いですので実際の入居費用は同じ家賃の住宅と変わりません。

ただし敷金は退去時に戻ってきますので、そういった意味では無駄になる資金ではないですので良いですね。